CHECK

赤ちゃんがいるママは要チェック!離乳食に関するお役立ち情報を紹介します

離乳食にそろそろ切り替えようと検討しているママにとって、アレルギー体質は気になるのではないでしょうか。
食材の選択を間違えるだけで、重篤なアレルギー症状が出現するリスクも存在しています。
そのようなリスクを意識して離乳食への切り替えを遅らせようと考えるママもいるようです。
この点最近の研究では、離乳食への切り替えタイミングをずらしても、アレルギー症状の予防につながらないことが明らかになっており、少量の食材から食べさせてみる姿勢が推奨されるようになっています。

離乳食開始時期のおすすめ献立は?

大切に育てたいと考えている生まれたての子供がいる場合、健康的なままスクスクと育ってもらうためにも毎日与える食事の質には最もこだわることが重要になります。
しかし、離乳食のレパートリーはそこまで多くないので、毎日献立を考えるのが大変で作るだけでも大変になってしまうでしょう。
喉につかえないようにあまり大きい食材を使用することができませんし、基本的に使用する野菜などはスムーズに食べられるようにすりつぶすことが基本になるため、離乳食を美味しく作れないと悩んでいる親御さんも少なくないと言います。
そんなお困りの方にぜひおすすめしたい離乳食開始時期のおすすめ献立を紹介していくと、最初のうちはあまり消化しにくいものだと胃をびっくりさせてしまう危険性があるので、炭水化物多めのお粥にしてあげるのが効果的です。
慣れてきたら徐々に食材の数を増やしていき、無添加無農薬の自然食材を使用したお粥に切り替えてビタミンやミネラルを摂取できるようにしていくことが大切になります。

パクパク期と呼ばれる時期の離乳食の離乳食レシピ

今日も美味しくゴックン出来るかな?とはじめた慣れない離乳食ですが、終わりが近づく頃はパクパク期と言う大人とほぼ同等の物が食べられる時期になってきます。
まだ辛い物や堅すぎる物には注意が必要ですが、この時期のお子さんにはなめて飲み込むというところから一段ステップアップした、本格的に噛んで食事を楽しみしっかり栄養を取る、という事を考えた離乳食作りが大切です。
レシピの一例として人気が高いのは鶏挽肉をお豆腐で伸ばして丸い成形で柔らかく茹で、ジャガイモや人参、タマネギ等と合わせたコンソメポトフです。
トマトを加えればミネストローネスープとなり、薄切りバケットとチーズを乗せて焼付けたならオニオングラタンスープが完成します。
まだ残りがあれば、ルウを使ってカレーやシチューに展開して下さい。
カレーの香辛料が気になるお子さんには無理をさせず、少量のお砂糖とお醤油を足したら肉じゃがに変身可能です。
忙しい子育て期ではありますが、小さな一手間を惜しまずに、小さなお子さんと同じメニューで美味しく楽しい食卓を囲んで下さい。

離乳食を食べてくれないときの食べさせ方のコツ

赤ちゃんは成長をしてくると、離乳食を食べることになりますが、どのような食事を用意するのかは家庭によっても異なるはずです。
折角用意した離乳食を食べてくれないケースもあるかもしれませんが、そのような場合は食べさせ方を工夫するのが大切なことになります。
少し水で緩い感じにすると食べやすくなるので、硬さが好みにあっていない場合は、そのような対策をするといいかもしれないです。
複数種類の離乳食を用意している場合は、軽く混ぜることで美味しくすることができるケースもあるので、そのようなコンビネーションを覚えておくのも大切なことになります。
少し口のところに持っていって、食べてくれるのかを調べるのも重要なことになりますから、少しずつ慣れさせていくのが大切です。
好みの硬さや味わいなどを調べることで、自分の赤ちゃんが本当に好きな離乳食を簡単に見つけることができます。
食べさせ方は少しの工夫で美味しく食べさせることができますから、しっかりと考えてやるのが重要です。

離乳食の中期に食べられるようになる食材は?

離乳食を始めて2か月ほど経ち、ペースト状のものをごっくんと飲み込めるようになればいよいよ離乳食中期。
中期は食べられる食材が増えるのでメニューのバリエーションが広がりますね。
おかゆは少し固めの7倍粥へ。
うどん・そうめん・ひやむぎはやわらかくゆでて細かく刻み、オートミールは水分を加えてやわらかく煮ます。
加熱した豆腐に慣れればきなこ・刻んだ納豆へと大豆製品の種類が広がります。
卵黄は固くゆでた卵の黄身部分を小さじ1杯からスタート。
魚は白身魚と鮭、しらす干しからチャレンジです。
肉は鶏ささみから始め、慣れてきたら鶏ひき肉も食べられるようになります。
牛乳やスキムミルクは過熱して料理の食材として利用します。
カッテージチーズとプレーンヨーグルトはOKです。
野菜は青梗菜・ごぼうなど繊維が固いもの、香りが強いもの、アボカドのような脂質の多いもの、冷凍野菜は使えません。
きのこはこまかく刻んでも食べづらいでしょう。
果物は缶詰やドライフルーツ・酸味のあるもの・柿やイチジク・マンゴーなどは避けます。
出汁は昆布とかつお節でとり、調味料は主に後期から使い始めるので味付けは塩やしょうゆはごく少量にしましょう。

そもそも離乳食の役割にはどういった点が挙げられる?

離乳食は、乳幼児の成長段階に合わせて導入される食事です。
それは、乳児が母乳やミルク以外の食物を摂取し始める重要な過程でもあります。
しかし、その目的はどのようなものがあるのか、どれほど重要なのかよくわからない人も多いのではないでしょうか。
そこで、離乳食の役割をまとめました。
まず、母乳やミルクだけでは得られない栄養素を補う役目があります。
乳幼児の発育に必要な鉄やビタミン、たんぱく質を摂取し健康な体を育むのが離乳食の目的です。
また、食物の舌触りや味わいを通じて、乳幼児の味覚や食の好みを育む重要な目的もあります。
早期に多様な食材を導入することで、食品アレルギーの予防や食事選好の幅を広げる助けとなるので重要です。
さらに、食べること自体を学ぶ過程でもあります。
乳幼児は食べる行為を通じて口腔や筋肉の発達を促し将来の食事摂取の基礎を築くのです。
自分でスプーンを持ったり食べ物を手でつかんだりする経験を通じて自己食事能力を培います。
このように離乳食は、栄養補給、味覚形成、食事の習慣化及び自己食事能力の育成といった役割を果たします。
乳幼児期の成長と発達を支えるために、その目的と役目をしっかり理解し適切な方法で導入することが大切です。

りんごを使ったおすすめ離乳食は?

離乳食が始まったばかりの頃から赤ちゃんに食べさせる事ができるりんごは、栄養価も高くお腹の調子を整える食物繊維である「ペクチン」や「ビタミンC」など、免疫力を高める栄養素も豊富なので赤ちゃんの体調管理に役立てることができるため、離乳食のレパートリーを増やすためにも積極的に取り入れていきたい食材です。
おすすめの離乳食として「さつまいもとりんごのおやき」があります。
冷凍で保存する事ができるので、多めに作って保存しておくことでいつでも食べられるおやつに使えて便利です。
また、手づかみ食べの練習にもなります。
朝食やおやつに与えられる離乳食には、「蒸しパン」もありこちらは米粉やベーキングパウダー、牛乳で作る事ができ、卵や砂糖、小麦粉などを使わなくても良いため安心して与える事ができます。
一口サイズにカットして熱湯で茹でて柔らかくした「コンポート」は、食事やおやつのトッピングとしても使えて赤ちゃんの噛む練習にもぴったりです。

離乳食時に使うおすすめ食器の選び方

まず、食器はBPAやその他の有害物質を含まない食品グレードの素材で作られているか確認することが大切です。
これによって、赤ちゃんの体に害を及ぼすリスクを最小限に抑えることができます。
次に、形状を考慮して選ぶことが重要です。
浅めのボウルやプレートは、赤ちゃんが食べ物に手を伸ばしやすくスプーンで食べ物をすくいやすい形状です。
また、吸盤付きの食器はテーブルにしっかりと固定されるため、食べ物を投げたりひっくり返したりするのを防ぐのに役に立ちます。
そして、サイズも重要です。
小さすぎると離乳食がこぼれやすく、大きすぎると赤ちゃんが食べるのに苦労する可能性があります。
適切なサイズを選んで、赤ちゃんが自分で食べられる環境を整えることが重要です 最後に、お手入れが簡単かどうかも考慮することも大事です。
離乳食は食べこぼしが多いため、洗いやすい素材やデザインであることが望ましいです。
四隅までしっかりと洗えるものかどうか確認することが大切です。

離乳食の時間を楽しくする工夫は?

離乳食のスタートは、赤ちゃんにとってはじめての食体験の第一歩。
それは親にとっても、赤ちゃんの成長を実感する大切な時期。
しかし、あらたな食材や食感に慣れない赤ちゃんは、離乳食をなかなか受け入れてくれないことも。
そんな時、どうしたら離乳食の時間を楽しく過ごせるか、いくつかの工夫をご紹介します。
色と形で楽しむ:色鮮やかな野菜や果物を使用して、見た目に魅力的な食事を提供しましょう。
キャラクターや動物の形に盛り付けると、食べることの楽しみが増えます。
一緒に食べる:赤ちゃんはまわりの人の真似を好きます。
親や兄弟と一緒に食事をとることで、食べる楽しさや雰囲気を感じ取ることができます。
新しい食材の紹介:毎回1つだけ新しい食材を取り入れることで、赤ちゃんの興味を引きつけます。
初めての味に驚く表情は、親としても嬉しい瞬間です。
食器を変えてみる:新しいスプーンやカラフルなお椀を使うと、食事がより楽しくなることがあります。
好奇心旺盛な赤ちゃんは、初めて見る食器に興味を示すことでしょう。
手で食べる体験:食事を手でつかむことは、食材の食感や温度を直接感じることができ、食べ物に対する興味や好奇心を養います。
最後に、離乳食の時間は赤ちゃんとのコミュニケーションの場でもあります。
焦らず、無理をせず、赤ちゃんのペースで楽しむことが大切。
笑顔で寄り添いながら、新しい食の冒険を一緒に楽しみましょう。

離乳食で気を付けたい食物アレルギー

離乳食で注意したいのは食物アレルギーで、特定原材料28品目に注意しましょう。
その中でも加工食品において表示義務が課されている7品目は発症リスクが高いとされます。
特に注意しなければならないのは卵と小麦、牛乳です。
これらに次いでエビやカニ、落花生、そばを与える時は様子を見ながら少しずつが良いでしょう。
離乳食を食べて様子がおかしい場合は、病院に行かなければなりません。
いつ何を与え、どのような症状が出たかをメモしておくと便利です。
呼吸困難や意識障害、血圧低下といったアナフィラキシーショックを引き起こしたら、すぐに治療が必要です。
原因とされる食べ物が口の中に残っている時は、すぐに取り出します。
元々子どもがアレルギーのリスクが高いとこれらの食品を与えるのに抵抗を感じやすいです。
しかし離乳食で大切なことは開始時期を遅らせることなくバランス良く食べさせることであり、子どもの正常な成長発達において欠かせません。

離乳食後期で大切な歯茎で噛む練習

離乳食後期で大切なことといえば、歯茎を使って食事をする、噛む練習にあるのではないでしょうか。
前歯が生える離乳食後期は、歯ごたえがある物が噛めるようになる時期です。
柔らかい食事は噛まずに飲み込めてしまうので、適度な硬さのある食事を与えるのが基本となります。
硬すぎると歯茎を痛めますから、あまり力を入れずに噛める硬さの必要があります。
硬さの目安は果物でいえばリンゴよりもバナナくらいです。
歯はまだ生え揃っていないので、歯茎で潰せる程度の硬さがポイントです。
歯茎で噛む練習は、口や舌の使い方を覚え、アゴを鍛えることに繋がります。
柔らかい離乳食は卒業なので、子供の成長が実感できるはずです。
赤ちゃんにとって、歯茎で噛んで食事をすることは新鮮な体験です。
興味を持った食事に手を伸ばし、口に入れて噛んで食感や味を楽しむ体験が離乳食後期において大切だといえます。
歯が生え揃うと食べられる物が一気に増えますから、それに備える重要な時期ではないでしょうか。

離乳食後期に手づかみ始めるときの留意点

手づかみで食べることは「目で食べ物を認識して、つかんで固さや温度を感じ取り、距離感を理解して口に運ぶ」という赤ちゃんにとってはとても大切な学びです。
自分の口に入る量を加減して、モノをつかむときの手加減を練習しているのです。
この一連の行動がスプーンやフォークなど道具で食べる動きにつながり、「自分でおいしいものを食べたよ!」という幸福度や自信につながっていきます。
最初は握るだけで食べなかったり、うまく口まで運べません。
親の負担にならないよう切り上げつつ、手でつかんで食べやすい離乳食に少しずつ変更していきましょう。
食卓の準備としては洗いやすい、もしくはその都度捨てられる新聞紙などで汚れてもよい環境を準備しましょう。
ポケットに食べこぼしの入るエプロンは重宝します。
手づかみで食べやすい離乳食は軟飯ならラップでぎゅっとまとめて少しずつ置いておきます。
形は手でつかみやすい小判型がよいでしょう。
マッシュした芋類を牛乳やチーズ類とまぜて表面を焼き固めるとまとまり、食べやすくなります。
赤ちゃんによっては手が汚れるのが嫌で手でつかんで食べない子もいます。
フォークやスプーンになれば食べる子もいます。
大切なのは食事の時間が楽しい時間になることです。
一緒に食べる大人が手でつかんでおいしそうに食べたり、自分で食べられたことを褒められたりすると赤ちゃんにとって食事が楽しみな時間になります。

赤ちゃんの体を考えた有機食材離乳食とは

生まれたての乳幼児に対しては、普通の食事を与えるわけにはいかないので何を作れば良いか時々困ってしまうことがあると思います。
まだ歯も生え揃っていない状態ですし、喉に詰まるような大きくて硬いものを与えるわけにもいかないからです。
そんなお困りの親御さんにぜひおすすめしたいのが、赤ちゃんの体を第一に考えて作り出された有機食材のみを使用している離乳食になります。
体に悪影響を及ぼしかねない添加物などを一切含まず、自然でオーガニックな素材のみを厳選して作られているので、質の良さや味の素晴らしさに関してはとても優れていると言えるのです。
また、有機食材を使用した離乳食の一番の特徴としては、農薬や化学肥料を使わずに丁寧に育て上げられた野菜などを多く使っており、細かくすりつぶして赤ちゃんでも食べられる程度の大きさにしてから使用されています。
よく使われる主な野菜に関しては、子供が好きなかぼちゃ・さつまいも・小松菜・人参などが多いです。

赤ちゃんにパンの耳の離乳食はいつから食べさせられる?

赤ちゃんにパンの耳を離乳食として取り入れるタイミングは、通常は9ヶ月から1歳以上の時期が適しています。
赤ちゃんが離乳食を食べ固形物に慣れ、喉の飲み込み機能が発達している時期が9ヶ月から1歳以上です。
初めてパンの耳を食べさせる際には注意点があります。
耳部分は硬くて噛みごたえがあるため、十分に噛むことができるようになってから与えることが重要です。
赤ちゃんが噛んで食べられるようになるまで待つことで、窒息のリスクを軽減できます。
耳を食べさせるには、柔らかく切ってから提供しましょう。
小さな指でつかみやすい大きさに切ることで、赤ちゃんが自分で持ち食べやすくなります。
赤ちゃんにとっての食材の導入は個体差があるため、赤ちゃんの成長と発達を注意深く観察しながら進めることが大切です。
新しい食材を導入する際には、アレルギー反応や消化に問題がないかを確認するため、少量から始めることをおすすめします。
一般的な目安として、9ヶ月以上の赤ちゃんが十分に食事の進行ができ、固形食を摂ることができる段階から、耳を少しずつ導入してみることが良いでしょう。

離乳食のおやつにはどんなものがある?

離乳食を食べるようになった時期の赤ちゃんのおやつと言えば、せんべいやビスケットといったスナック菓子のような物を思い浮かべる方も多いと思いますが、成長期の赤ちゃんにとって離乳食以外でもしっかりと栄養面にこだわった方が良いのでできれば手作りで用意したほうが健康的に良いです。
大人がイメージするようなお菓子や甘いものではなく、「果物」や「ヨーグルト」、甘みが強い「さつまいもやかぼちゃを蒸した物」は簡単に用意する事ができるので、栄養面を補う事ができる物を準備しておきましょう。
離乳食に合わせて作る事ができるおやつとして、「りんごのコンポート」があります。
りんごの皮を剥いて一口サイズにカットして、耐熱容器に入れて電子レンジで5分加熱するだけでしっとりと柔らかく赤ちゃんでも食べやすい状態でりんごを与える事ができます。
離乳食完了期の赤ちゃんには、親子揃って食べる事ができる「ふりかけおにぎり」も人気で、鰹節に砂糖を溶かした醤油を混ぜることで優しい味に仕上がります。

離乳食の通販はこちらに関する情報サイト
離乳食のいろは

このサイトでは赤ちゃんの子育て真っただ中にいるママに向けて、離乳食による食事にまつわる基礎知識や、注意するべきポイントなどを色々なコンテンツをもとに御紹介しています。
育児休業が明けた方では、すべてを手作りでまとめるというのは非常に手間で、労力を必要とすることです。
最近では赤ちゃんの栄養バランスや安全性にも配慮された、レトルトタイプの食品も登場しています。
多忙な方では宅配サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Search